相談してチェックしてもらう

名刺交換をする手

保険を契約する際、注意するポイントの一つに無駄な特約や契約はないかチェックするというものがあります。特約は、火災保険、自動車保険など異なる保険対象契約に同じ物が選択できるケースがあります。その一つに個人賠償保険などが挙げられます。ファイナンシャルプランナーに相談して、契約しているすべての保険内容を総合的にチェックしてもらう事で、無駄な特約を除く事ができます。ファイナンシャルプランナーは中立的な立場で、顧客の財産に関する相談に乗ってくれますから積極的に利用すると良いでしょう。重複契約は、重複して保険金が出ないケースもあるため、保険料の無駄になってしまいます。個人賠償保険以外にも、傷害保険関連の契約も様々な保険に付加出来ますから注意しましょう。

生命保険の死亡保障の必要額はその家庭のライフスタイル、子供人数や求めている教育内容、配偶者の職業、予測される生涯年収によって大きく異なります。目先の収支のみならず、一生涯の収支にあった額を設定する必要があります。しかし、保険金額の設定が高くなるほど保険料が高額になります。生活に比して適切な保険料の設定は不可欠です。生命保険は、保険分野に専門知識のあるファイナンシャルプランナーに相談して適切な額での保険プランを出してもらうと良いでしょう。生命保険は入院保障や通院保障などの特約が付加できるものや、終身保険、定期保険などの割合など選択肢も様々あります。各家庭の経済状況や、老後プランの考え方など様々な要素が絡みますから、ファイナンシャルプランナーへの相談が有効です。